大航海歴1年以上!なのに合計Lvは50と少し…。このブログでは私のヘッポコの秘訣を紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スコットランドの丸いパン
スコットランドの丸いパン
スコットランドの丸いパン「スコーン」(レシピ:パン屋さんのおいしいパン)


このブログをご覧になったみなさん、ネルソン提督のラム酒漬けについて語ったり、おかしな熊の裸体画像を貼り付けたりしている私に対して変な誤解を抱いてやしませんか?
本来の私の趣味はこんなイロモノではありません。

今回は私のイメージクリーンアップ作戦でいってみたいと思います。


あたし、ステキなイングリッシュ庭園で午後のひとときを
ティーとおしゃべりですごすのが夢だったんです♪v(*'-^*)
なんかおしゃれだしー!
ハイソ(ハイソックスではありません)な感じがしますよねぇ~
o(>▽<*)(*>▽<)oキャーキャー


あ、すみません
ちょっと疲れが…。
この先は普通にお送りします。

庭でティーはもちろんですが、このときの私のお目当てはスコーン。
スコットランドが発祥ですが、イギリスでもパン屋やスーパーやティールームなどでよくみかけます。
イギリスで食べるスコーンはおいしいと聞いていたので、庭園ティーの時にぜったい食べるんだ!と決めていました。


1人では「優雅にお茶を飲みながらお喋り」できないので知人を巻き込んでロンドンでお茶。

ロンドンでティー
あぁー、これこれ!
求めていたのはこの雰囲気よー!!

紅茶とスコーンのセットを「クリームティー」と言います。
迷わずこれを注文。

ロンドンでクリームティー
なんというか、グレートブリテンって感じよね~。
スコーンにはジャムとクロテッドクリームがついてきます。
クロテッドクリームというのは、生クリームとバターの中間のクリーム。
コクがあって口当たりがやわらかくて、私はこれをたっぷりつけたスコーンが大好き。
残念ながら日本では手に入りにくいんですよね。

ここのお店はスコーンがおいしかった!
レーズン入りのものとレモン風味のものの2個セットでした。
口に入れるとフルーツの風味がして、ほろほろと崩れるんです。
結構ボリュームがあるので、2個でお昼ご飯代わりになりました。


ロンドン在住の方々に聞くと、「クリームティーなら田舎のほうがおいしいよ」とおっしゃるので
クリームティファンの私は1人でコッツウォルズ地方に行ってまたまた試してきました。
例のごとく1人ではお喋りがはずまないので、お店にいる日本人観光客らしき人をみつけ無理やり相席に。
快くOKしてくださいました。

コッツウォルズでティー
さすがに田舎だけあって、庭が広々です。

コッツウォルズでクリームティー
スコーンの形が微妙に違います。ジャムは自家製。
クロテッドクリームがたっぷりでおいしくて満足。

こちらのお店は、紅茶が最高!
こんなおいしい紅茶を飲んだのは初めてです。
イギリスで飲んだ紅茶がおいしかったからと、日本にお土産に買って帰ってもなかなか同じ味はでないそうです。
おいしさの秘訣は「水」なんですって。

画像をよくみると、ポットが2つついています。
2杯目の濃くなったお茶を薄めるためのお湯がついてくるんですねー。
さすがお茶を楽しむ国、気がきいています。

スコーンは家でも簡単に作れるそうなので、今度作ってみようかなと思っています。
でもイギリス庭園の中で食べたあの味にはかなわないんだろうなぁ…。
雰囲気が料理の一番の隠し味ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。